「再度、患者さまへのお願いがあります。」

2020/07/31

玄関に注意書きをしています。
玄関に注意書きをしています。

 こんにちは!
 スウェーデン歯科こくふ 院長の内藤 禎人(ないとうよしひと)です。

 緊急事態宣言は解除されましたが、徳島県では連日新型コロナウイルスの感染者が確認され、不安な毎日を送っておられることと思います。

 そういった状況から、緊急事態宣言中に行っていたように、患者さま同士、患者さまとスタッフ、そしてスタッフ同士の「密」を極力さけるためにご協力いただきたいと思います。

 クリニック入り口には写真のような注意書きを貼っています。

 まずはよく読んでみてください。

 お車で来られる方と、徒歩、自転車などで来られる方がいらっしゃると思います。

 お車で来られた方に関しては、お車でお待ちいただいて、そこでお電話で問診、登録作業を行う試みです。

 これにより、待合室での密な状況を回避しようという考えです。
 
 そして、問診から得られた、当日の歯科的な症状と、コロナ感染症の疑い症状を総合的に判断して、診察を後日にしていただく可能性もあります。

 診療チェアーの準備ができましたら、順次ご案内したします。スタッフが誘導しますので、壁や扉などに触れないように診療チェアーへ移動してください。

 診療終了後は、必要な場合はチェアーにて次回予約をお取りします。

 会計処理が終了したら、患者さまを会計へと誘導させていただき、会計終了後は速やかにお帰りいただくようにします。

 また、スタッフ一同、フェイスシールド、キャップを着用して診療に当たらせていただいております。表情がわかりにくく、不便なこともあるかと思いますが、ご了承ください。

 しばらくの間、ご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。

 スウェーデン歯科こくふ 院長 内藤 禎人